TEL:045-620-4195

personal 相続問題(遺言を含む) に関する事例

話し合いを拒否していた相手から、遺留分減殺により3000万円を獲得!

どのようなケースだったのか?

Dさんらきょうだい(とその子)は、Dさんらの母親が亡くなったあと、既に亡くなっていたきょうだいの嫁Hとその子I、Jから、母親の所有していた土地建物と預金の全てをHたちに相続させ、Dさん達には一切の財産を残さないという公正証書遺言書を母親が残していると告げられました。

 

Dさんらは鈴木弁護士に依頼をして、相手方に遺留分減殺請求の通知を送り、調停の申立を行いました。

 

結果として、Dさんらは、当初は話し合いをも拒否していた相手方から合計で3,000万円の現金の支払を得ることができました。

 

Dさんの感想

お陰様で思い通りの結果になり大変感謝しております。長い間御苦労頂きありがとう御座居ました。

 

Eさんの感想

こんにちは。鈴木先生のおかげで、やっと解決ができて、本当にありがとうございました。これから、寒くなりますので、お体に気を付けて下さい。

 

Fさんの感想

法律があまり分らない私に変り大変な事をしっかり、やっていただきありがとうございました。鈴木弁護士様に依頼をして敏速、確実にやってもらいました。本当にごくろう様でした。今後、何か有りましたら、よろしくお願い致します。

 

Gさんの感想

亡き母の兄弟、ごたごたしてしまい残念に思いましたが、とりあえず決着し、母も空の上で安心していることと思います。

弁護士さんと関わる様な事は無い方が良いのですが、今後、もしも何か困った事がありましたら、相談させて頂きます。

今回はありがとうございました。

アンケート 相続Dさん

お問い合わせ

お電話または相談予約フォームからご予約下さい。

創業をお考えの方、創業間もない方へ、スタートアップ特典を実施しております。skype(要予約)でのご相談を承るほか、創業3年以内まで成長の各段階において、スペシャルな特典をご用意しております。

045-620-4195 045-620-4195
相談予約フォームへ