TEL:045-620-4195

破産・再生・任意整理 に関する事例

貸金業者からの請求に対し、時効主張し、支払わなくて良いことに!

どのようなケースだったのか?

Gさん宅に、突然知らない業者から300万円を超える貸金の返還を求める書面が到着しました。

業者から到着した書面に添付されていた契約書のコピーの文字は、Aさんの筆跡でした。しかし、請求してきた会社は全く知らない会社であり、かつ何年も請求を受けていなかった貸金でした。

Gさんは、鈴木弁護士に依頼し、鈴木弁護士が業者とのやり取りを行なったところ、最終的に時効であるとして返済をする義務がないことが確認されました。

Gさんの感想

他県からこちらに引き上げて来る際に、諸々の借金とかは全部整理してきたつもりでしたが、一社残っていたのでしょう。知らない業者に譲渡されたみたいで莫大な利息のついた請求書が送られて来ました。

老齢になってしまった私にはとうてい支払いの無理な金額でしたので、どうして良いのか分からず弁護士の鈴木先生にお願いして解決していただきました。

鈴木先生のおかげで、最終的に時効であるという事で返済をしなくて済むという事でした。

先生からのお返事が来る迄は、毎日寝ても覚めてもこのことが頭から離れませんでしたが、これでやっと安心しました。

鈴木先生本当にありがとうございました!

アンケートG
お電話は045-620-4195平日9:00-18:00まで 相談予約お問い合わせフォーム