TEL:045-620-4195

相続問題(遺言を含む) に関する事例

遺留分減殺手続で、遺言で書いてあるよりも多額の現金を取得!

どのようなケースだったのか?

Bさんの父は、Bさんの母と離婚後、別の女性と結婚し、Bさんには異母弟がいました。

Bさんの父が亡くなるに際し、父は、全額を新しい妻とその妻との子に相続させる遺言を書いており、Bさんには数十万円のみを渡すことが提案されました。

Bさんは鈴木弁護士に依頼し、遺留分減殺請求を行った後に、自分に法律上認められる金額の支払いを求めて、調停を申し立てました。

鈴木弁護士が代理人となって調停を進めた結果、Bさんの主張は全面的に認められ、当初の提案の10倍を超える数百万円の支払を受けることができました。

お問い合わせ

お電話または相談予約フォームからご予約下さい。

創業をお考えの方、創業間もない方へ、スタートアップ特典を実施しております。skype(要予約)でのご相談を承るほか、創業3年以内まで成長の各段階において、スペシャルな特典をご用意しております。

045-620-4195 045-620-4195
相談予約フォームへ