TEL:045-620-4195

不動産関連

貸している不動産(土地,建物)の借主が,賃料(地代,家賃)を支払ってくれない,あるいは,知らない間に知らない人物が住み着いているようだ・・・
弁護士が代理人となれば,相手方に請求するのみならず,それでも支払わない場合には訴訟を起こし,強制執行をして,不動産を取り戻すことができます。

具体的手続

賃料不払いにより、賃借人に立ち退きを求める場合

ご相談、必要な資料の受け取り(ご相談の流れの詳細はこちら。
(当初の契約の内容、不払いの期間等をお聞きし、必要な資料を頂きます。)

ご提案(文書にてお見積をします。)

ご依頼者様と弊事務所の契約、費用のお振込み(お任せ頂く場合、弊事務所の指定先にお振込みをお願いします。)

弁護士名での内容証明郵便による賃料の督促、契約の解除の意思表示

訴訟の提起

判決

相手方の立ち退き

  • 判決をとっても立ち退かない場合、強制執行手続きへ

弁護士費用

分類 弁護士報酬の額
着手金 事件の経済的な利益の額が300万円以下の場合8%
300万円を超え3000万円以下の場合5%+9万円
3000万円を超え3億円以下の場合3%+69万円
3億円を超える場合2%+369万円
※着手金の最低額は10万円
報酬金 事件の経済的な利益の額が300万円以下の場合16%
300万円を超え3000万円以下の場合10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合6%+138万円
3億円を超える場合4%+738万円
  • いずれも,消費税が別途かかります。
  • 事件の難易,事案の複雑性等の事情により増減することがあります。

顧問契約

弊事務所では,企業,個人事業主の皆様を対象として,顧問契約を承っております(顧問契約の詳細はこちら)。

顧問契約をして頂くと事件依頼の際には弁護士費用の割引があり、また、簡易な契約書のチェックであれば顧問契約の内容として行わせて頂くことも可能です。

・顧問料、作業内容等については,月額5万円から(税別)を基本に御社のご要望・御社の業務に必要な作業量に応じてご提案させて頂きます。

お電話は045-620-4195平日9:00-18:00まで 相談予約お問い合わせフォーム